ズームレンズとは?3つのメリット!おすすめの使い方も教えます!

一眼レフの始め方

どうも、リョウです!https://twitter.com/ryo_movielabo

多くのカメラマンが一度は使ったことがあるであろうズームレンズ。

買ったときについてたからなんとなく使ってた

という人も多いかと思います。

また

「新しくレンズがほしいけどズームレンズ実際どうなのよ?

ていう人もいるかと思います。

そこで今回はズームレンズのメリットやデメリット、使うシチュエーションまで紹介します!

この記事を書いている人

リョウと言います!
このブログの管理人をしています!
α7Ⅲを片手にほぼ毎週撮影に出かけて居ます!
撮影方法や撮影日記をブログにまとめています!

ズームレンズのメリット

まずはズームレンズのメリットについて解説していきます。

ズームレンズのメリットは次の通りです。

ズームレンズのここがいい!

  • ズームができる
  • 荷物が少なくなる
  • コスパが良い

です!

一つずつ解説していきましょう!

ズームができる

ズームレンズはその名の通りズームができます。

遠くのほうが撮りたいけどこのレンズじゃ撮れない!

なんてことがなくなります
実際ズームできるということはかなり大きなメリットで遠くの方に被写体があってもズームすることで自分が撮影したい画角で撮影できるのでかなり便利です。

また撮影したい物によって広角にしたり望遠を効かせたりととても重宝します。

荷物が少なくなる

ズームレンズは様々な画角が一本にまとまっています。

例えば24mm、35mm、85mmの画角を撮ろうと思うと単焦点レンズを3本持ち運ぶことになりますが24-105mmのズームレンズなら1本持っているだけで3本分の画角をカバーできるので出かけるときも荷物が圧倒的に少なくなります。

よーし今日はこのレンズとこのレンズと...

ってたくさんレンズをかばんに詰め込んでいる人はいませんか?

1本だけの重さで見れば単焦点のほうが軽かったりしますが出かけるときに持ち出すレンズの数によってはズームレンズのほうが軽く持ち運びやすかったりします。

コスパがいい

ズームレンズは様々な画角をカバーしているので単焦点レンズを何本も買うよりかは自分の使いそうな焦点距離のズームレンズを購入することでレンズにかかる費用をかなり抑えることができます。

実際僕が使用しているSONYのSEL24-105Gというレンズはかなり広い画角をカバーしているので単焦点レンズを何本も買うより圧倒的にコスパが良いです。

もしあなたがまだどんな写真を撮りたいのか定まっていないのならズームレンズを買って自分の好きなが画角を探すのが良いと思いますよ!

SEL24105G使ってみた!感想とメリット、デメリットをレビュー!
そろそろSEL24105Gを購入して2か月弱が経とうとしているのでここら辺で一度レビューをします。 ちなみに購入前に僕が悩んだことと購入した理由も記事にしているので合わせてこちらもご覧ください! 結論から言うと僕にぴったりの神レンズでし...

ズームレンズのデメリット

一見便利なズームレンズですがもちろんデメリットもあります。

デメリットは次の通りです

ズームレンズにはこんなデメリットが...

  • F値が大きい
  • 1本の重さは重く大きい
  • 価格が高い

ですが使い方しだいではしっかり対策もできます!

では解説と対策を説明します。

F値が大きい

ズームレンズは基本的にF値が大きいです。

単焦点は1つの焦点距離に力を入れて作れますがズームレンズは様々な焦点距離をカバーしないと行けないためF値はどうしても高めになってしまいます。

単焦点はF値が1.4や1.8と低いのに対しズームレンズは大三元レンズと呼ばれる明るいレンズでも2.8程です。

なので単焦点に比べるとボケにくく暗いレンズになってしましがちです。

ただ撮影方法によってはズームレンズでも充分ボケます。

また暗さもiso感度を調整することができるのでカメラを始めたばかりのときは気にしなくても大丈夫です!

もしどうしてもF値が低いのがほしいなら1本単焦点を買い足すのもありかもしれませんね!

一眼レフの醍醐味!『ボケ』を出すための4つの要素を理解して楽しく撮ろう!
一眼レフを使って撮影することの醍醐味といえば『ボケ』ですよね! 満開の桜の花を撮るときやポートレートでお花畑にいる人物を撮影するときなどカメラが生み出す『ボケ』は自分の撮りたいものを引き立たせてくれますよね? 今回はそんなボケを生み出す...

画質が少し悪い

ズームレンズは単焦点レンズに比べて画質が少し悪いです。

理由はF値と一緒でいろんな焦点距離をカバーしているから。

一つの焦点距離に注力している単焦点に比べると画質が悪くなってしまいがちです。

ですが比べればの話ですしSNSに乗せるくらいならズームレンズでも充分な写りをします。

ちなみに僕はほとんどの写真をSEL24-105Gというズームレンズで撮影していますがそこまで画質が悪いと感じたことはないですよ!

夕日が浦の夕焼けにリベンジ!名物のブランコも撮影してみた!
どうも、リョウです! 先日京都府北部をめぐる一人旅をしてきたのですが今回は前回の に続き第2弾となります。(時系列的には間に伊根の舟屋が入るけども) 実は夕日が浦海岸には今年の1月?に行ったんですがあいにくの曇りで...

こちらは僕が撮影に行った記事の一つです。

ズームレンズでも全然悪くない写りですよね!

重たいし大きい

ズームレンズは単焦点に比べると1本あたりの大きさは大きくなりがちです。

大きなレンズになるとカメラ本体を含めて1kgとか普通に超えてきます。

なので非力な人が扱うとなると少し大変かもしれませんね!

でも性能がよくなると大きくなるのは単焦点でも同じなので何本も持ち運ぶのと比べればズームレンズは便利だなと思います。

価格が高い

ズームレンズは価格が高いです。

先程の僕が使用しているズームレンズは15万円位です。

しかし画角で考えてみると24mmから105mmという使いやすい画角が一本にまとまっているのでコストパフォーマンスで考えてみるととてもやすくなっていると思います。

大体撮りたいものが決まっているなら単焦点が安くていいかもしれませんがある程度何でも撮りたいという方はズームレンズがコスパも良くていいと思いますよ!

おすすめの撮影シーン

ズームレンズのおすすめ撮影シーンは次の通りです!

  • 風景
  • テーマパークなどの人混み
  • 動物園や水族館

 風景撮影ではズームで要らないものを省く!

風景撮影では展望台など決まった位置からしか撮れないシチュエーションもあるかと思います。

このようなときズームレンズならある程度好きなように自分で画角を調整できるので要らないものを画角から省くことでスッキリした写真にすることができます

テーマパークなどの人混み

こちらの写真は実は人だかりの後ろからズームレンズで撮影した写真です。

このようにテーマパークやお祭りなど人混みの奥に被写体がある場合は遠くからでも狙って撮影できるのでおすすめです!

ディズニーランドやユニバーサル・スタジオジャパンのパレードなんか最前列で撮影できるのまれですし、、、

動物園や水族館

動物園や水族館など被写体と離れているシチュエーションもズームレンズならしっかりとカバーできます。

特に動物園なら日中で明るくズームレンズが暗いという欠点も気になりにくいです!

まとめ

今回はズームレンズについてまとめてみました!

ズームレンズのメリットをもう一度振り返ってみましょう!

  • ズームができる
  • 荷物が少なくなる
  • コスパが良い

写真撮影においてズームできて画角を調整できるというのは大きな武器です。

今回紹介したメリットやデメリットを踏まえてレンズ構成を考えてみるのもいいかもしれませんね!

単焦点のメリットを解説した記事はこちら!

単焦点レンズとは?メリットとデメリット、使い方も合わせて解説!
どうも、リョウです! カメラを購入してしばらくするうち、はたまたカメラを購入する前に調べていたら一眼レフカメラにはズームレンズと単焦点レンズがあることがわかりますよね! でも調べていると リョウ 単焦...

コメント

タイトルとURLをコピーしました