京都の外国人観光客が減ったらしいので写真撮りに行ってみた

撮影日記
F4.0 焦点距離59mm

どうも、今年はSEL24105Gで1年撮影すると年初に誓ったのにすでにタムロンの20mmレンズが欲しくなっているリョウです。
あれめっちゃよくないですか?
20mmのF2.8単焦点があの価格で手に入るんですからめちゃくちゃ魅力的ですよね!
僕は風景を主に撮るので超広角のレンズ1本欲しいなと思うわけです(使いこなせるとは言ってない)
てことでTwitterで


今年は年初にα7IIIとsel24105Gで1年間撮影するって決めたんやけど個人的にTAMRON20mmf2.8が凄い魅力的で買おうか迷ってるんだよなー
そこで、皆さんの意見をお聞かせください〜

とアンケートを取ったところ『買え』と言われたので買おうと思います!(笑)
また買ったらレビューしますね!

さて先日僕が『新型コロナで京都旅行格安でしかも外国人観光客おらんでー』みたいな記事書いたんですが大きな反響があったようです。
今回は僕が実際に京都市内を『お写んぽ』して本当に観光客が激減しているのかを見てきたのでご覧ください!

外国人観光客が減ったらしいので写真撮ってきた

さぁ近年の京都市といえばどこもかしこも外国人であふれていて道は通りにくいわ店は混んでるわで観光もめちゃくちゃ大変だったんですが今は新型コロナウイルスの影響で多くの外国人観光客が姿を消しています。
いつもはいーっぱい人がいる先斗町もこの通り

余裕で通れます。
めちゃくちゃ快適。
また鴨川名物『等間隔カップル』もこの日は見られませんでした!(笑)
普通に自由に好きなところ座れます。

タルトで有名なキルフェボン京都三条店へも行ったのですが比較的待ち時間もなくスムーズに席に着くことができました!

キルフェボンおいしいですよね!
いつもは外国人もいっぱいで余裕で1時間待ちとかします…
が今なら割とすぐ入れます!

皆さんが気になるのは写真スポットの混雑ですよね?
今回は夜の東寺を撮りに二寧坂と八坂通りを撮影してきたのですがここもめちゃくちゃ人が少なかったです。

めちゃくちゃ撮りやすいです。
二寧坂にはみんな大好きスターバックスコーヒーがあるんですがここも店内は待つことなく座れます。

二寧坂のスタバめちゃくちゃオシャレ!
今日は全然人おらんくて快適でした

このスタバの看板は京都の景観を壊さないように緑を使わずに町に溶け込むような和の色合いに仕上げられています。
店内もめちゃくちゃおしゃれなので清水寺や八坂の塔を撮るときには立ち寄ってみてください。

まとめ

京都市内で写真撮ってきた結果確かに外国人観光客は激減していました!
もしかするとこんなに人がいない京都を撮影できるのは今だけかもしれません。
また京都市内を散策して感じたのは外国人観光客が減った代わりに国内の観光客が少し増えているということでした!
この人が外国人観光客の少ない京都がいつまで続くかわからないので迷っている方は今すぐ予約して写真の撮りやすい京都を満喫したいましょう!

追記

今回僕が撮った写真はすべてRAW現像済みです。
僕が使用している編集ソフトは『photodirector』というソフトなのですが月額300円ほどで格安なのにめちゃくちゃ使いやすい!
初心者でもわかりやすい編集画面で思い通りに仕上げることができます!
気になる方は要チェックです!
サイバーリンク公式オンラインストア

撮影日記
記事が少しでもいいと思っていただけたならシェアしていただけるととてもうれしいです!
SNSもやっていますのでそちらもフォローよろしくお願いします!
リョウのカメラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました