SEL24105G使ってみた!感想とメリット、デメリットをレビュー!

α7Ⅲ

そろそろSEL24105Gを購入して2か月弱が経とうとしているのでここら辺で一度レビューをします。
ちなみに購入前に僕が悩んだことと購入した理由も記事にしているので合わせてこちらもご覧ください!
結論から言うと僕にぴったりの神レンズでした!
それでは早速何がぴったりだったのか?何が良かったのかを書いていきます!

SEL24105G使ってみたメリットとデメリットを僕なりにレビュー

この記事を書いている人

リョウと言います!
このブログの管理人をしています!
α7Ⅲを片手にほぼ毎週撮影に出かけて居ます!
撮影方法や撮影日記をブログにまとめています!

FE24105Gのスペック

まずはFE24105Gの簡単なスペックから見ていきましょう!

名称 FE24105Ḡ
型名 SEL24105G
レンズマウント ソニーEマウント
焦点距離 24-105mm
レンズ構成 14群17枚
開放絞り F4
最短撮影距離 0.38m
手ブレ対応 あり
重さ 663g
大きさ(最大経×長さ) 83.4×113.3
フィルター径 77mm
防塵/防滴 ○/○

 

メリット

このSEL24105Gは結果的に買ってよかったと思える神レンズだったわけですが今回は僕なりにメリットを3点紹介したいと思います。

  1. 焦点距離24-105mmという使いやすさ
  2. F4通しが案外便利
  3. コスパがいい

の三項目を順に説明していきます。

焦点距離24-105ミリはめちゃくちゃ使いやすい

まず1つ目のメリット「焦点距離24-105mmという使いやすさ」です。
一眼レフって結構でかいんですよね(笑)
いや、そんなん当たり前やろって言われたらそうなんですけど初心者が出かけるときに「重いから、今日はカメラ持っていくのやめとこ」ってなるのは割とあるあるだと思います。
しかもあれもこれもとレンズを足していくうちにカバンは重くなっていくというのが以前の僕でした(笑)
でもα7ⅲとSEL24105Gを買ってからはこの組み合わせを持っていくだけでほとんど困ることは無くなりました。
旅行に行くときも迷いません!α7ⅲとSEL24105Gをカバンに突っ込むだけ!
広角側24mmから望遠105mmと幅広い焦点距離をカバーしているので日常使う大体のシーンで困ることがないんですよね!
僕が個人的にありがたいのが望遠側105mm。
他の標準域のズームレンズは70mmぐらいが多いんですがこの105mmがほんとに重宝します。
あとちょっとズームしたいってタイミング結構多いと思うんですけどこのレンズではそれがない!
ちょっと出かけるときにも旅行行くときにも迷わず持ち出せるほど使いやすいというのがこのレンズの一つ目のメリットですね!

F4通しが驚くほど使いやすく万能!

2つ目のメリットは「F4通しが案外便利」です。
個人的にレンズにおいてF値は低いほどいいと勝手に思っていたわけですがこのF4通しのレンズの使いやすさと言ったらないです。
正直買う前はF4かぁ、大丈夫かな?と思っていた節もあったのですが実際買ってみると全然気にならないどころか望遠側F4がめちゃくちゃありがたい!
僕は風景写真が好きでよく撮っているのですが特に朝焼けや夕焼け、夜景の撮影時は望遠側で撮ることも結構あって望遠側でもF4で撮れるのはすごく便利です。
これは105mmでF4で撮った写真です。(RAW現像済)
夜でもF値を上げてSSを稼げるのはすごい楽です。
α7ⅲは高感度機なので多少ISOを上げても問題ないですし!
三脚なしで手持ちでもこれくらいは撮影できます。
またF4でも普通にきれいにボケます。

望遠側で被写体によって撮影すればこれくらいはボケます。

これだけメリットがあってコスパ抜群

3つ目のメリットはコスパがいいことです。
SEL24105Gは24mmから105mmまで幅広い焦点距離をカバーしていることはさっき説明しましたよね?
つまりそれって24mmから105mmのレンズを買うならその間の焦点距離ならカバーできるっていうことだと勝手に思っています(笑)
24mm、35mm、50mm、85mmなどなどたくさんの焦点距離がこの一本に入っていると思えばめちゃくちゃコスパ良くないですか?
個人的に初心者によく言われる「最初は50mmで単焦点で距離感を!」
みたいなのはクソくらえだと思てます(笑)
最初はズームレンズから入って足りないと思った焦点距離のレンズやよく使う焦点距離のレンズで写りが良いものをチョイスしていくのが良いと思います。
そういう点ではこのSEL24105Gは標準域を幅広くカバーしていて写りもいいので初めて買う人にはめちゃくちゃおすすめですよ!

デメリット

価格はそれなり…でも?

続いてはデメリットです。
デメリット一つ目は価格です。
メリットではコスパがいいと書きましたが値段自体はそこそこ高いです。
Amazonで大体14万くらいですかね。


決して安くはないと思います。
特にAPS-Cなどから乗り換える方は高いなーと感じるかもしれません!
ただSEL24105Gの一本で幅広い単焦点をカバーしていることを考えると単焦点レンズを何本も購入するより断然コスパは良いと感じています!
また、撮影もこのレンズ1本で済むことがたくさんありますし、とりあえず持っておいて損はないレンズとなっています。

大きい…

デメリット2つ目は大きさです。
それなりにでかいです。
何なら本体と同じか少し大きいくらいのサイズなので重いのが嫌という人にはお勧めしません。
僕個人的には全然扱える重さとサイズなので気になりませんが筋力がない方や女性は重いと感じる方もいるかもしれません。
そこらへんはなれとかもあるかもしれませんが…
購入する際は実際に店舗で付けてみることをお勧めします。

まとめ

今回はSEL24105Gを紹介しました。
おさらいすると

  • 幅広い焦点距離をカバーしているのでこれ1本でいろいろな撮影に対応できる!
  • F4通しなので望遠側でもF4で撮影でき、写真の幅が広がる!
  • 値段は高いけど写真の品質、使い勝手もよくコスパがめちゃくちゃいい!

でした。
個人的にはデメリットをおぎなって余りある性能を持っているので迷っているなら今すぐ買うべき!!くらいのおすすめ度です!
では!

α7Ⅲ
記事が少しでもいいと思っていただけたならシェアしていただけるととてもうれしいです!
SNSもやっていますのでそちらもフォローよろしくお願いします!
リョウのカメラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました