写真編集をしたい初心者におすすめ!使いやすい写真編集ソフト

皆さんは撮った写真を加工するとき編集ソフトを使っていますか?
もちろん撮ったままでも十分かもしれません。
でも中には「思ったのとちょっと違うんだよなぁ」とか「ここだけ直したら完璧なんだけど…」
と悩んでいる方もいるかもしれません。
実際僕も写真を撮った時はいい写真が撮れたと思っていても後で見てみるとあの時見た景色と全然違う!なんてことはほんとにたくさんありました…
が編集ソフトの存在を知ってからは撮った写真を現像することで自分の中のイメージ、実際に自分が感じたイメージに近い写真に近づけることができるようになりました!
そこで今回は同じような悩みを持つ方にお勧めの編集ソフトを2本紹介します。

 

写真編集におすすめの編集ソフト

今回紹介するのはAdobeのlightroomとcyberlinkのphotodirectorです。
どちらもとても使いやすい編集ソフトなのですがすこし違いがあるのでそれも含めて説明していきます。

写真編集と言ったらこれ!Adobeのlightroom

一眼レフカメラなどで写真撮影をしている方に特に人気なのがAdobe社のlightroomです。
Adobe社はクリエイター向けのソフトやツールをたくさん出しているだけあって完成度もかなりのものになっています。
もちろん基本的な明るさや彩度の調整はもちろん、比較明合成なども簡単にできます。
本格的に写真編集をしたい方はこちらのlightroomを使用してみてはいかがでしょうか?
lightroomはサブスクリプション契約で単月980円でそこまで高いと値段設定ではないと思うので手を出しやすいのもいいですよね。
ただ僕個人が使用したイメージは初心者は少し扱いづらいかなという印象でできることが多すぎて何も考えずに導入すると嫌気がさしてしまうかも…
周りにある程度の知識を持っている人や自分で調べて使うなど自力で問題を解決する力がある初心者は大丈夫だと思いますがそうでない方は次に紹介するphotodirectorをお勧めします。

コスパ抜群!photodirector

lightroomなどの陰に隠れているけど結構使えるやつ。
それがphotodirectorです。
このソフトも写真編集ソフトなのですがlightroomなどと比べて初心者向けでとても分かりやすいデザインとなっています。
機能も必要なものは揃っており今まで不自由だと感じたことはありません。
また初心者にうれしいのはこの編集ソフトの価格です。
なんと1ヶ月当たり383円という驚異の安さです!!
デメリットはMacで使えないことですかね…
僕もphotodirectorを使用していますがこの価格でこの機能を使えるのは本当にお得だなと思います。
編集ソフトにそこまでお金をかけたくないという方はphotodirectorでも全然問題ないと思います。
サイバーリンク PhotoDirector

まとめ

今回紹介した2本の編集ソフト。
どちらも超おすすめですが初心者でこれからもずっと編集ソフトを使うかわからないという方や難しい操作をする自信がないという方はphotodirectorがおすすめです。
この機会に編集ソフトを導入して自分の思い通りに写真を編集しましょう!!

サイバーリンク PhotoDirector

写真編集
記事が少しでもいいと思っていただけたならシェアしていただけるととてもうれしいです!
SNSもやっていますのでそちらもフォローよろしくお願いします!
リョウのカメラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました