スキレットって使いにくいの?使ってみてメリットとデメリットをレビュー

最近空前のキャンプブームということですが僕の周りにも当然キャンパーがわらわらわいています(笑)
そんな彼らが口をそろえて言うのが
友「スキレットマジでええよ」
僕「マジか」
ということでAmazonで実際にスキレットを買ってみてしばらく使ったのでスキレットのメリット、デメリットをはなしたいと思います!
Twitterなどでは使いにくいということもちらほら聞こえてきますが…どうなんでしょうか?

スキレットのメリットとデメリット

スキレットとは?

まずスキレットがどういうものかを説明しておきます!
簡単に言うと鋳鉄製のフライパンです。
フライパンの素材にはアルミやステンレスなどたくさんのものがありますが鋳鉄製のフライパンがスキレットと呼ばれています。
ちなみに実際に使ってみたのがこちら!


美味しそうでしょ?
では実際に使ってみた感想とメリットとデメリットを紹介します。

スキレットを使って料理するメリット


スキレットのメリット一つ目はスキレットがそのまま食器になるということ!
ファミレスのハンバーグやステーキを想像してください。
ファミレスのハンバーグとかステーキって鉄板のまま出てきますよね?
それと一緒でスキレットもそのまま食器として使えます。
しかもスキレットは鉄製で温度が下がりにくく保温が効くので熱々のまま料理を楽しむことができます!
肉料理なんかは冷めてしまうと一気においしくなくなってしまいますがスキレットを使えば最後まで温かく食べれるということですね!
実際に僕もチキンステーキを作りましたが最後まで熱々でした!

スキレットのメリット二つ目は焦げ付きを心配しなくてもよいということです。
そもそもスキレットはしっかり手入れしていれば油がなじんでいるはずなのであまり焦げ付かないのですが焦げ付いてしまってもたわしなどを使ってごしごし焦げをとればいいだけです!
普通のフライパンと違ってコーティングなんかされてないですからね(笑)
なーんも気にせずフライパンこすればいいだけです!!
しっかり手入れしていればそもそもほぼ焦げ付かないのでめっちゃ楽です!

スキレットのメリット三つめはおしゃれということです!
スキレットで料理してそのまま鍋敷きの上にドン!!
それだけでおしゃれに見えてしまうのはなぜなんでしょうかね…
スキレット料理は目で見ても楽しい…ええやん?

スキレットを使って料理するデメリット

ではスキレットを使って料理するデメリットはなんでしょうか?
まず一つ目のデメリットが管理のめんどくささです。
正直言って手入れめっちゃめんどくさいです(笑)
まず買ってすぐには使用できません。
なんでかというとスキレットは鋳鉄製なので工場から出荷された時点ではさびないようにコーティングがされています。
なのでまず購入したらシーズニングという作業をしなければなりません。
更に料理が終わったら食器用洗剤を使わずお湯で油を落としてそのあと油を塗って…
やることがたくさんあります。
なれたらどうってことないんですけどね(笑)

二つ目のデメリットは重さです。
スキレットは鋳鉄製なので普通のフライパンよりもだいぶ重たいです。
いま使っているフライパンと同じ直径のスキレットを使うと気軽にフライパンを使えなくなります。
それぐらい重たいです。
ちなみにスキレットには取っ手がついていますがここももちろん鋳鉄製なので使っているとめっちゃ熱くなります。
なのでぼくは取っ手を買い足しました(笑)


いいやつを買うと熱くならないように対策されているので最初からそこそこのものを買うときは買う必要はないですよ!

まとめ

ってことで僕がスキレットを使ってみた感想をまとめると

メリット

  • 料理した後そのまま食器として使える
  • しかも保温が効いて温かいまま料理を楽しめる!
  • 焦げ付かない
  • おしゃれに見える!

デメリット

  • 手入れが大変
  • 思い

ということになりました。
僕個人の感想としては料理がものすごく楽しくなったから買ってよかったなぁと思います!!
手入れがめんどくさいなって人にはちょっと向かないかもしれません。
ちなみに僕が買ったスキレットはキャプテンスタッグのスキレットです。
お値段なんと800円弱とめっちゃ安い!
1000円切ってるので
「スキレット使ってみたいけどお金無駄にするの嫌だなぁ」
て人はこちらのスキレットを使ってみてください。
このスキレットはシーズニング不要なので購入したら洗ってすぐ使えるのも魅力ですね!

レビュー
記事が少しでもいいと思っていただけたならシェアしていただけるととてもうれしいです!
SNSもやっていますのでそちらもフォローよろしくお願いします!
リョウのカメラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました