insta360 ONE Rを予約しました!

360度カメラでおなじみのinsta360から今月新しいカメラが発表されました!
えげつない…この一言に尽きます。
今回は新発売のinsta360 ONE Rをなぜ買ったのか、どこがおすすめなのかを紹介したいと思います!
ちなみに僕はもう予約しました!(笑)

ここがすごいinsta360 ONE R

まず今判明しているinsta360 ONE Rのスペックなどを紹介しておきます。
今回発売されるinsta360 ONE Rですが標準のレンズのみのセット(3万9600円)と標準レンズと360°レンズがセットのツインパック(5万9400円)、Leicaと共同開発の1インチセンサー搭載のレンズセット(6万8200円)の3セットがラインナップとなっています。
いやマジでどれもこれも優秀ですごい…
標準の4K広角のセットが約4万円、一方価格帯的に比較対象となるのはGOPRO HERO7とオズモアクションになると思いますがほぼ同価格帯。
んー、モジュールの付け替えできて幅広い使い方できること考えたらinsta360 ONE Rかな。
このモジュールの付け替えが一つの武器になりそうなinsta360 ONE ですがすでに拡張アクセサリで180°のVR映像が撮れるモジュールの発売も予定されてるしわくわくが止まりません!
とりあえずこちらのおおまかなスペック表をどうぞ!

4K広角モジュール 360°モジュール 1インチ版
レンズ口径 F2.8 F2.0 F3.2
焦点距離 16.4mm 7.2mm 14.4mm
重量 121g 130.5g 158.2g
バッテリ―連続撮影時間 70分 70分 65分
サイズ 72mm x48mm x32.4mm 72mmx48mmx43mm 78.7mmx53.8mmx47.2

となっています。

insta360 ONEを買った3つの理由

僕がinsta360 ONE Rを買ったのには3つ理由があります。
それは
1.360°カメラが欲しかった
2.男心を存分にくすぐる組み換え式モジュール
3.豊富な撮影モードとそれを簡単に編集できるアプリ

となります。
1個ずつ説明します。

1.360°カメラが欲しかった

単純に360°カメラが欲しかったんです(笑)
そもそも最初はドローンがほしかった(Mavic mini)んですが買ったとことろで近くが人口密集地ばっかりなので飛ばす場所ねーなってなりまして…

それで調べたら360°カメラなら空撮っぽく撮れるらしくて昨年末からずーっとゴープロMaxかinsta360 one xを購入しようか迷っていたんです。
写真とか撮りに行くときにあったら面白いかなーって(笑)
そこにこのinsta360 ONE Rの発表ですよ!
しかもツイン版は4K広角と360°モジュールがセットで6万買うしかないと思って秒でポチりました!
ゴープロMaxとHERO7が一緒になったようなもんですよ?
6万なんて安い安い!
それでなくても標準モジュールだけならGOPRO HERO7blackより4000円くらい安いですからね…
GOPROキラーもいいとこですよね!

2.男心を存分にくすぐる組み換え式モジュール

このinsta360 ONE Rは3っつのパーツに分かれていてパーツを組み替えて使用します。
レンズのモジュールとディスプレイがついたモジュール、そしてその二つを固定しつつ電源を供給するバッテリーの3パーツから成り立っています。
レゴブロックのような組み換え式、そして豊富なレンズモジュールは全俺の遊び心をくすぐりました…
いうなれば大人のおもちゃです!!!真顔
レンズさえあれば自分の好きなスタイルで撮りたい映像が撮れる。
これって結構すごいことじゃありません?
これからはこのinsta360 ONE Rを一個カバンに入れておけば360°映像も4K広角も思いのまま。
僕は比較的荷物は多いほうなんですがこれだけコンパクトだと余計なスペース撮らないしめちゃくちゃ楽そうですよね!
サイズはGOPRO HEROシリーズより少し大きいもののGOPRO Maxよりも小さいようなのでカバンに入れても邪魔になりそうにないですしね!

参考動画も貼っておきます。

3.豊富な撮影モードとそれを簡単に編集できるアプリ

insta360 ONE Rはレンズモジュールごとに撮影できるモードが違うようです。
4K広角は標準、HDR、タイムラプス、タイムシフト。
360°は標準、HDR、タイムラプス、バレットタイム。
恐らくほかのモジュールでもそのモジュール特有の撮影モードがあると思います。
レンズごとに異なる撮影モードがあるということはそれだけ自分で撮れる動画の幅が広がるということ!
しかもその豊富な撮影モードをサポートするアプリがどうやらめちゃくちゃ優秀らしい…
360°撮影中に対象物を設定するとその対象物をトラッキングして動画にしてくれたりある一定の動作だけを抜き取ってストップモーションにしてくれたりと何でもござれの超優秀ぶり。
正直360°動画の編集てめっちゃめんどくさそうだなーって思ってたんですよねー
でもこのアプリつかえば動画になりそうなとこトラッキングして簡単に動画にしてくれるので楽そうだなーって(笑)
そこらへんは正直使ってみないとわからんけど動画を見る限りはめちゃんこ便利そうだから今から楽しみですね!
こちらも参考動画です!

まとめ

どうだったでしょうか?
こんなに大人の遊び心をくすぐられてかつ実用的でコスパのいいアクションカム他にないでしょ!
下手したら1月にして2020年のベストバイになるかも?
発売は1月20日のようなのであと少し…
今から楽しみですね!
なお各ショッピングサイトで予約できるみたいなので気なる方は一度見てみてください!

 

ガジェット
記事が少しでもいいと思っていただけたならシェアしていただけるととてもうれしいです!
SNSもやっていますのでそちらもフォローよろしくお願いします!
リョウのカメラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました