僕がpowerDirectorを使用して動画編集を始めた理由

今では動画編集を副業としてすこし稼げるようになってきた僕ですが専門学校や周りに動画編集をしていた人がいたわけではありません。
そこで今回は僕が動画編集を始めた理由と簡単な生い立ちなどを書いていこうと思います。

生い立ち

0歳から中学卒業まで

僕は関西のめちゃくちゃ田舎で3人兄弟の長男として生まれました。
コンビニなんか歩いて1時間はかかるから全然コンビニエンス(便利)じゃないし夜は外灯はあるものの薄暗い、最寄りのマクドナルドは夜の八時(今でも)閉店と多分都会で育った人からしたらそりゃもう考えられないようなところに住んでいました!

もちろんカラオケも映画館も遊園地なんかもありません。

小さいころから遊ぶのは外で毎日毎日真っ暗になるまで遊びまわっていました。
そして母親が野球好きなのもあって小学4年生から野球を始めます。
全く動画編集関係ありませんね(笑)
そこからはずーっと野球ばっかりです。
全然パソコンなんて触りません(゜o゜)

小学校卒業後は周りに私立中学などほとんどなく(あっても通える金はない)そのままほとんど変わらぬメンバーで進学しました。

今思えばこの中学で色々と人生が変わったように思います。

僕は中学でも野球部に入るのですがそこまで上手だったわけではなくかと言って下手でもないような選手でした。(一応はレギュラー、人数もそこまで多かったわけじゃないしね…笑)
野球部のイメージっていうと明るくて元気で社交的!みたいな人をイメージするかもしれませんが僕はどっちかというと話すのはあまり上手ではなく特に女子と話すときは緊張してうまく話せないコミュ障みたいな感じでした(笑)
中学生くらいになるとやっぱりどんな中学でもスクールカーストみたいなものあるじゃないですか?
僕はそんな感じだったので割と下のほう。野球部のキャプテンやほんとに仲のいい人間とはしゃべるけど女子からは避けられる…みたいなね

ここで思うんですよ。
「あ、俺ここで地元の高校行ったらなんもかわんねーな」
って。

そうして実家から自転車で5分の高校ではなく最寄りの駅から電車で1時間かかる工業高校に進学します。

高校入学から就職するまで

工業高校といっても僕の学科は動画編集とは全然関係ない機械系の学科でした。
そして高校でも野球を続けるのですが中学時代とは打って変わりどんどん上達します。
田舎なので電車の本数が少なく朝はめちゃくちゃ早く着くかぎりぎりの時間につくかの二択しかなかったので毎日朝早く行って朝練をしてたのもあるでしょうか?
そして仲間にも恵まれ僕の通っていた高校は公立高校ながら注目高校となります。
甲子園が近づいてくると取材きました。
ここで初めて動画編集に興味を持つことになります。
自分たちが取材された練習風景や試合の動画がいい感じに編集されてテレビで流されたり(もちろん地方局)YouTubeに乗せられたりしているのです。
周りの人から見たよ!と言われてすごくうれしかったのを覚えています。
特にYouTubeは当時はだれでも気軽に投稿しているようなものではなかったので地元のみんなが僕がYouTubeで動画になったのを見てほめてくれるので少し見返してやったような気分にもなりました。

そうして動画でみんなが僕を見てくれたことへのうれしさと動画編集へのちょっぴりの興味を抱きながら高校野球を引退します。

今はコミュ障どころかめちゃくちゃしゃべる人間なのですが思い返せば地元から出て全く新しいコミュニティに入ったことで強制的にコミュニケーションも取らなければいけなかったのでいつの間にかコミュニケーションに対する怯えとかも消えてましたね!

就職は動画編集をする会社に…はいかず野球を続けるために野球部のある会社に就職します。

就職~そして動画編集を始め今…

就職してからは仕事と野球の毎日。
ただ就職に伴って一人暮らしをすることになりました。
そこで初めて自分のパソコン、マックブックエアーを買いました!

ちょっぴり動画編集に興味のあった僕はIMOVIEでついに簡単な動画編集を始めます。

そしてしばらく働くと周りの友達がちらほらと結婚していくのです。
そして僕の親友が結婚した時のことです。

「余興してくれへん?」

余興なんてしたこともなかったもなかった僕はYouTubeで調べます。
そうすると友人たちからメッセージをもらって一本の動画にする…というのがいくつかありました。
これなら僕にもできるかなと思いメッセージを集め編集してみました。
いざ当日流してみると新郎新婦は大変喜んでくれました。

自分の作った動画でこんなに笑顔になってくれるのか、うれしいといってくれるのか…と。

そこからは友達の余興は動画を流すときは僕が編集して流すというのがお決まりとなっていきます。
そして動画編集をするたびに編集の楽しさ、奥深さを実感していき気づけば今副業としてたくさんの動画を作るようになったというわけです。

もともとはただの野球少年で動画編集をするようになるなんて思いもしなかったですが今こうして動画編集で沢山の幸せに携われているの本当にありがたいことですね!

これからも最初のうれしかった気持ちを忘れないように頑張っていきたいと思います!

動画編集
記事が少しでもいいと思っていただけたならシェアしていただけるととてもうれしいです!
SNSもやっていますのでそちらもフォローよろしくお願いします!
リョウのカメラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました